2015年05月23日

21年目にして…

しばらくぶりの更新申し訳ございません。
相撲夏場所は14日目を迎え白鵬関と照ノ富士関が3敗で4敗が数人と混戦模様となっていますが明日の副音声がヒロモリタ、デイビッドシャピロ両氏ということで楽しみにして本題に入ります。

20周年を迎えて全塗装を施した愛車・MR2なんですがゴールデンウィークの帰省で高速に入って快適に飛ばしていると時々”ガサッ”と異音が聞こえてくるんですよ。成田時代に聞き覚えのあるような異音でその音はアンダーカバーがめくれて道路とこする音にほぼ間違いないと思い途中のパーキングで確認するもどこのアンダーカバーが外れかかってるかがわからず、高速というのにあまり飛ばさず実家まで行くことにしてどこかのディーラーに行けば何とかなるだろうと思いまあ実家につく訳ですよ。ショウさんに愛車のピカピカぶりと異音の話をしてその日はそのまま休んで次の日兄が車を買ったディーラーに向かうと

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

という看板が入口に掲げてあり6日まで休み…。”問い合わせはこちら”というフリーダイヤルに電話して釧路市内でどこか営業してるディーラーはないかと問いあわすも全て休みだとむなしい返事が返ってきました。

自分でやるしかない

そう思い実家へ帰り車をみると発見しました。フロントスポイラーにぬいつけされてるアンダーカバーがめくれています。原因が分かればこっちのものです。危険省みずパンタグラフジャッキで右前をめいっぱいリフトして下にもぐりもむと4点固定中3点が未固定、スピードナットがなくなっていました。しかもスピードナットが挟まっているであろうその3点の穴は全てかけていて3分の1くらいしか残っていないんです。左右に分かれているアンダーカバーの片側が道路で削られてすこしなくなってました。
20年も乗っていれば外側のみならず下回りも劣化するのは当然でしょう。全塗装中に外れてしまった可能性が高いです。とりあえず塗装してくれた工場へ連絡して状況報告、詳しい事は札幌に帰ってから見ていただく事にしてスピードナットを3個入手して欠けた穴へ強めに挟めてしまえば構造上めくれる事はないと思いカー用品店やらホームセンターやら訪問して探すもないんですよこれが。

4件目のカー用品店で途方に暮れたのが4時くらい。もうだめかと思ったところにトヨタ物流が目に入りました。

部品共販なら営業してるかもしれない!

すぐさまさっきのフリーダイヤルに電話して部品共販が営業してるか尋ねると”釧路支店は今日営業しています”と。電話番号を教えていただきナビに入力すると幸運な事に現在地から2キロくらいなんです。運が傾いてきた!
今度は部品共販に電話してスピートナットをストックしてるかの問い合わせです。車両形式と部品番号(以前赤平のヴィンテージカーイベントで手に入れたパーツリストが役に立ちました)を伝えると”2個はあります”と。流石に3個手に入れるまで運はよくなかったようですがストックがあっただけでもいいだろうと部品共販へ。パーツリスト片手に乗り込みました。担当して下さった方の対応が素晴らしくて感服しました。

スピードナットがもう1個欲しいのでどこかに在庫抱えてるかやら削れたアンダーカバーはあるかやらフロントスポイラーはあるかそして価格はいくらだとか矢継ぎ早に問い詰めたんですけど笑顔で調べてくれて”それは苫小牧にありますね”や”それは名古屋にあるみたいです。値段は○○です。”と。しかも札幌に住んでると伝えると最寄りの部品共販の住所と電話番号まで教えてくれました。神様に見えました。

2個のスピードナットを持って実家に戻りさっきと同じ感じでジャッキアップし始めたのが5時くらい。日は長くなってますが暗くなる前に終わらせたい。物置に工具箱があるのはガキの頃からわかってましたからそれをつかんで段ボール箱を見つけたんでそれを平らにして床に敷いて車の下へもぐりもみ作業開始です。
アンダーカバー2枚を外しスピードナット2個を若干つぶしてホールド力を高めて挟める訳ですが問題はどの穴を捨てるかです。一番力がかからないのはおそらく端だろうと判断し右端を捨てての3点固定にしてアンダーカバーを戻し完成です。日没まで間に合いました。母親には”あんた車まで直せるようになったの!!”とひかれてしまいました。

5月6日の昼くらいに釧路をでるつもりだったんですが工場に車を7日午前中に預ける約束になりもし長期入院になるとすると夏タイヤへの交換が遅れてしまう(GW中に雪降られた経験あるんで警戒してたんです)のでタイヤ交換の時間を取るために5日の夜出発、6日にタイヤ交換を終え7日工場へ向かいました。アンダーカバーはしっかり固定されておりめくれもなし。異音発生もなく応急処置は成功でした。

もう一度よくチェックしますんでしばらく預からせてください。部品代含め料金はいただけません。

塗装と整備含めで相当サービスしていただいたのに申し訳ないと思いつつお言葉に甘えて(当然と思う方もいらっしゃるでしょうが20年落ちの車を完全丸投げした私も甘かったと思うんですよね。”些細な事でもいいから気になる事は逐一連絡くれ”と言っとけばよかったんですよね)今も入院してます。部品の調達に時間かかっているみたいで火曜日には仕上がってるようです。

こんなドラマがあって決心した事があります。

徹底的にやろう”と。


昨日その工場に顔を出してこれから何が必要かタッチの話をいろいろしたんですよ。この車は成田で購入して8年、大阪に3年弱いたのが幸いしてずっと北海道にいた車に比べると塩化カルシウムの影響が少ないようで下周りのサビ進行具合はかなり程度がいいという事が判明したんです。塩カルガードを毎年きっちりやっておけばまだまだいけると。20年間マフラー交換もしないなんて北海道じゃありませんとまで言われました。
そのマフラーはフロントパイプとの接合部がサビで完全固着状態でしてボルトナットはまわした瞬間折れるの決定みたいな見た目です。これはそろそろ対処しないと。

でマフラー含めてこのMR2・sw20の部品は何が入手できるのかいろいろ調べました。若い頃はインターネットなんて普及してませんから本買いあさる他なかったんでしょうがネットの力はすごいですね。生産中止で入手不能な社外パーツまで(ほとんどこれに該当します)手に取るようにわかります。
現状維持のために交換しなければならないのはマフラーくらいで純正の形に近い(しかもフロントパイプ込)のが見つかったんで夏に購入しようと思います。

全国各地でMR2をいじりまくっている皆さんのブログ達にもかなり刺激を受けてしまい現状維持とは関係ないものまで欲しくなってきました。純正パーツは部品共販にそのうち行って確認するとして
・クイックシフト
・スピーカー

この2つを自分で交換してみようかと。クイックシフトはすでに来週末に届くんでそこから必要な工具をそろえてやってみます。

スピーカーは純正品のコーン紙が破れて1度交換してるんですけど社外品は多少の加工をしないと交換できないのをディーラーから聞いてたんで諦めていたのがそのブログ達の皆さんは創意工夫をこらして装着してる訳ですよ。これもスピーカーの選定までは済ませて前後4個で1万円強。いつ買おうかはまだ決めてませんが入手次第加工に必要な部品や工具(内張りはがしやギボシ端子、圧着ペンチなど)を手に入れてチャレンジしてみます。

これから何年乗り続けられるのか。完全オシャカになるまで乗り続けるつもりなんでやるしかないでしょう。
今後の展開にご期待下さい…なんて大それた事は言えないです。不器用なもんで写真撮りながら部品交換なんて余裕はないですたぶん。

posted by mgcrazy at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パーツをリフレッシュ、アップデートしていく楽しさにはまったね〜( ̄ー ̄)
ねじ1本からボディーの錆までエンドレス!
最高の遊びだわ。(金はかかるけどね)

純正パーツある時に(安いうちに)コツコツと集めておいたほうがいいよ。
俺のはデッドストックやリプロダクトとか探せばあるけど年々高騰中!(T_T)

Posted by ショウ at 2015年05月27日 20:23
ショウさんの車に比べればまだ純正ストックはあるようなんですよ。ただ既に当時の2倍になってますね。昨日愛車が帰ってきて早速パーツリストと睨めっこですよ。フロントパイプ〜触媒のスタッドボルトがかなりサビててナットまわした瞬間折れるんじゃないかとか場合によっては触媒交換…そうなるとエンジン下ろさないといかんとかだったらエンジンマウントも…とか考えたら怖いです。TRDのパーツは9割方生産中止なのはわかったんで最終手段はヤフオクか?くらいまでのイメトレ完了してます。
Posted by クニ at 2015年05月27日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック