2017年10月30日

カーテンコールのハロウィンパーティ参加

もう10月も末になりまして雪がちらつく季節になってしまいました。昨日の13時30くらいは結構暖かかったんですが今日は異常に寒いです。

さて本題です。昨日は楽しませていただきました。
昼12時からリハを始めると聞いていたのですが目覚ましが聞こえず起きると12時半過ぎ・・・。木金と神奈川出張で歩き疲れたのが効いたのか(金曜日は住所を間違えてパソコン背負って50分ほど歩きまくりました)土曜も日曜も全く目覚ましが聞こえませんでした。この疲労蓄積状態で今回はギター2本持ってカーテンコールまでえっちらおっちら地下鉄の駅から歩きましたよ(帰りはタクシー使いましたが)。変装道具をそろえるのはきついんで(ギター2本もってさらに衣装とかやってられませんすいません)せめてギターだけでも曲で変えようかなと。ムスタングとテレキャスターを持ち込んだんです。

ムスタングはchar氏の曲をやるので欠かせないと。なぜテレキャスターなんだと。
BOOWYの曲を1曲頼まれたからなんですよいつもcharコピーでドラムをやっていただいているスーパードラマー・まこっちゃんさんに。しかもメインボーカルでドラムは違う方に頼むという入れ込み具合ですから断る理由はありません。そのほかカーテンのマスターに頼まれた数曲もテレキャスターの方がよさげのがありましたし2本使い分けてみようかと。ただ少しでも軽くしたくてシンラインにしました。シングルコイルのシンラインなんであまり音は変わりませんから勘弁してください。

18時ちょいすぎからパーティが始まって(リハ時間6時間てすごいですよね)9歳の天才少年ボーカルが登場したり(お父さんのギターをバックに変声期を迎えていない声でフィンガー5の”恋のダイヤル7600”を熱唱してました。ずるい!でも素晴らしかったです)18歳のギタリストがデビューを飾ったりの中、私がバックで弾かせていただいたのは

ハリケーン
め組のひと(以上ラッツ&スター)
学園天国(小泉今日子バージョン)
恋の季節(”来いよ施設へ”という替え歌に変わってました)
ONLY YOU(BOOWY)

charセットが最後の出番でそれまでに弾いたのは以上だったと思います。
”学園天国”以外はシンラインを使いました。ラッツ&スターはボーカル4名が顔を黒く塗ってドレスシャツにボウタイのいでたちで振り付けまで本番直前まで練習してのこだわりぶりで、正直バックで弾いてるより観客として見たかったですね。でも終わったあとボーカルチームに感謝されたのは嬉しかったです。次回は街角トワイライトやりましょうか?
”ONLY YOU”はまこっちゃんさんの希望でライブバージョンではなくスタジオバージョンでやったんですが約30年ぶりにコピーしたBOOWYは新鮮でした。中学生時代の私はエフェクターなんか持ってませんし腕がないんで歪ませてごまかすしか術がありませんでしたがコーラスとオーバードライブでそれなりの雰囲気は出せる機材もありますしソロをタブ譜見ながらコピーしなくてもアドリブでなんとかできる経験も身につけた40半ばのオッサンになりましたんでドラマーさん、ベーシストさん(charセットもやっていただきありがとうございます)と楽しんでやらせていただきました。まこっちゃんさんが”このメンバーでBOOWYバンドやろうよ”と言いだしましてどうなる事やら今後が楽しみです。

今回のcharセットはキーボードに凄腕シンガーピアニストを迎えて

逆光線
からまわり
SMOKY

と最近定番曲と化した(というか皆さん頼まれる曲が多くてほかの曲に手をつけられません)3曲にくわえ4曲目に女性ボーカルさん(以前色彩のブルースでご一緒した方です)を加え

Joy To The World(スモーキーメディスンバージョン)

さらにダンサーチームを加えて

ダンシングヒーロー(荻野目洋子)

をやりました。こちらのダンスもかなり気合入ってましてニセ荻野目洋子さんが大量発生しました。これも観客したかったです。原曲でギターがあまり聞こえなくて正直あまり練習せず歌詞にコード書いてガン見してました。誰か知り合いがFacebookに動画UPしてるか確認しないと。カメラ忘れて写真も撮ってませんすんません。
自分の演奏がどうだったかはあえて気にせずこれからもっと練習します。次回のイベントうんぬんより普段ギターをもっと触らんといかんですね。

あ、ちなみにTOEICの結果が来まして835点。例年通りというか予想通りリーディングのスコアがイマイチです。宣言通り来年に向けて1984にするか話題のカズオイシグロ氏の作品にするかどうしようかなあ。
posted by mgcrazy at 23:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

第223回TOEIC受験

9月になりまして札幌は心地いい天気がつづいております。7月上旬の猛暑の頃は8月になったらどうなることやらと心配していたんですが猛暑といえるくらいの暑さはあまりないまま9月を迎えております。
前回のつぶやきから1か月、あのあとお盆休みで帰省し19日は苫小牧で山下達郎氏のライブに行きお盆明けからは普段と変わらりなく過ごしております。達郎氏は苫小牧でのライブが初めてだったとの事ですが市民会館の印象を含めずいぶん気に入っていたようです。私が今までライブで聞いたことがなかった”風の回廊”や”高気圧ガール”、”蒼氓”が聞けました。一番の驚きは近藤真彦さんに提供した”ハイティーンブギ”を歌ったことです。還暦を超えた達郎氏から”お前が望むならツッパリもやめていいぜ”なんて歌詞を聞けたのは最高でした。

ちなみに今日から秋場所が始まりましたね。初日から3横綱が休場でがっかりな反面、力をつけてきた若手たちや嘉風関や前頭筆頭になってしまった琴奨菊関などベテラン勢にも優勝のチャンスがないわけでもないと考えてこの2週間を楽しみたいです。

さて本題です。
昨年受験した時から問題傾向が変わってリスニングもリーディングも国語力といいますか、”この一文にはどんな意味がこめられているか”みたいな問題が増えて内容がわかればすぐに答えは出せるんですが、油断して聞き逃しがあると手が止まってしまいます。特にリスニングは10秒くらい考えていたら次の問題が始まりますんで”絶対これはない!”という答えを捨てて3択か2択にして運に任せるしかありません。
読解力をあげるためにリーディング量を増やさなけらば!と今年の初めくらいから”4月は君の噓”の洋書マンガを読んだり(あと1冊でコンプリートです)トランプ大統領就任時に話題になったジョージオーウェルの”動物牧場”を原文で読んだり(あの時話題になったのは”1984”だったんですが動物牧場の方が難易度が低いという評価だったんで。来年のTOEIC受験までにチャレンジします)といつものNHKニュースや相撲中継の副音声を見るよりも若干英語に触れる量は増やしてきたつもりでしたこの1年間は。韓国人の通訳もやらせてもらえて昨年よりは間違いなく英語に触れていたと思います。
ただTOEICは瞬発力勝負なんですよね。そこへの対策が甘かったですね。リーディングのやり方をただ自分のペースで読むのではなく速読で理解してサクサク進めないといけないんですよね。
いつもどおりリスニングが終わるや否やPART7から手をつけた訳ですが、面白い文章が出てくると楽しくなってきて速読を忘れちゃうんです。たぶん前半の20問くらいはほぼ正解してると思いますじっくり読んだんで。ただこのペースでやってたらPART7だけで15時を迎えてしまうので楽しそうな文章だったんですが飛ばし読みとフィーリングで適当に終わらせて残り15分、PART5と6は例年通りフィーリングのあてずっぽうです。
15分じゃかなりきついです。全てマークしたのは1分前でした。この1分で4問を見直し1問だけ修正しました。3問はフィーリングでマークしたのが正解だと私は判断しました。結果につながるかはわかりませんが英語に触れる量が増えたことであてずっぽう力も上がったか?と前向きに考えたいです。終わった後の疲労感もここ数年で一番感じませんでしたしね。たまたま今回の問題が私の知ってる分野と合致していて読んでても辛くなかったのかもしれませんが毎年こんな気分で試験を受けたいものです。あ、だめだ楽しんじゃ。来年に向けてどうしようかなあ今本棚にある洋書を速読することから始めようかなあ。”けいおん”英語バージョンならすぐ読破できそうなんですがギャグのオチが難しくて躓くんですよね。
posted by mgcrazy at 19:53| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

西へ東へ

いつのまにやらお盆ですね。すいません筆不精のクニです。
先月の3連休でGuysが澄川のHISでライブをやりました。土曜日曜連続出演だったんですが私は日曜のギグには出られずメンバーには迷惑をかけてしまいました。
福岡、広島出張のため日曜日に前ノリし月曜日に韓国からくる会社の先輩を迎えて火曜から木曜はその先輩の通訳を兼ねて仕事をしてこいという命令がくだったからです。韓国語は無理なので英語の通訳ですよ。
それをドラムのアランに話したときは
”だったらオレの息子に通訳させてクニはライブにでりゃいいよ”とまで言ってくれました。必要としてもらえるのは嬉しいですが通訳として抜擢されたのも10年くらい前の飲み会でイギリス人のお偉いさんの隣につけ!と言われて以来ですからめったにない機会を反故にするのはもったいないんで覚悟を決めて行ってきましたよ灼熱の九州へ。

結果から言うと通訳としては役不足な面が何度かあったんですが先輩には”100%問題ない”とお世辞かもしれませんが言ってもらえたので御の字ですかね。観光の時間はほぼない中ちょこちょこ写真とりました。

せっかく福岡に来たんでこれは食べとかないと。
DSC08180.JPG
替え玉をするほど食欲はなかったです。

博多駅ではこんなのを見ました。
DSC08189.JPG
打ち水の霧バージョンなんでしょうね。写真を撮った朝には出てなかったんですが気温の高い昼間に通った時にはミストが噴射されていました。

仕事の移動は現地スタッフが車を運転してくれたので迷うことなく仕事をこなして毎晩韓国の先輩を交えて飲みに行ってました。アルコールが入ると英語力が増す(間違いを気にせずしゃべるようになるんで)ので仕事の後の方が通訳としては役に立ってた気がします。お互い母国語でなないのでボディーランゲージも混ざりますから通訳なしで全員に伝わったりしてなんだかんだ言葉よりも伝えようとする必死さが大事だと思いました。

さて水曜日の11時ころに久留米駅から新幹線に乗って広島へ向かったんですが今やなかなかお目にかかれない新幹線を見ました。撮影時間からして広島駅到着直後だったと思います。
DSC08204.JPG
500系です。大阪にいたころに電車に詳しい知り合いの話だと”こだまでしかも山陽新幹線くらいでしかはしってない”と確か言っていたような記憶があります。幸運でした。

広島でこれをたべないわけにはいきません。
DSC08224.JPG
ちなみに皿にはおたふくソースのマークが。
DSC08222.JPG

それに広島のカープ愛が恐ろしいかったです。ピンボケになってしまいました。
DSC08227.JPG

駅前の通りを歩いているとほとんどのマンホールのふたがカープでした。おみやげ屋でもこの傾向は変わらずとにかくカープです。現地スタッフさん曰く”今年は調子いいんでいつもより盛り上がってます”という事ですがそんなレベルじゃないくらいアツいものを感じました。思わずこれを買いました。
DSCF5812.JPG
このまま優勝してクライマックスも勝ち抜いて日本シリーズまで行ってもらいたいです。24時間いられませんでしたがこの愛に完敗です。

木曜日の午前中に新幹線に乗り東京へ行き打ち上げ(韓国以外からも2人来てまして3人チームで動いてました)会場へ向かいここでは通訳なしで楽しませていただいて金曜日は札幌への移動日です。止まった場所が風情のある旅館で久々に東京タワーを近くで見ました。44歳の私にはスカイツリーよりもこちらの方が落ち着きますね。
DSC08234.JPG

その3日後から網走、その1週間後には足寄、帯広、釧路とこの3週間強でどれだけの距離を動いたのか考えたくもないです正直。これだけ出張しておいて観光の時間を取れないのが私の悪いところですね。5時半すぎればオフですから今後道外の出張時は観光の時間を少しでもとれる工夫をしたいところです。

こんな状態で6日の日曜日にカーテンコールの浴衣ライブに呼ばれてジャズだ演歌だ苦手なジャンルのギターをお願いされて軽く受けてしまったんですが(Complexの恋をとめないでが楽しかったです。失敗しまくったけど)ろくに練習もできませんでした。お聞き苦しい点があったのは申し訳ございません。次回はちゃんと練習してきます。





posted by mgcrazy at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

もう6月か・・・

すいませんもう6月ですね。
5月場所は左腕の負傷をおして出場した稀勢の里関が10日目で休場、白鵬関の1年ぶりの優勝で幕を閉じました。高安関の大関昇進が決まり兄弟子の稀勢の里関ともども7月の名古屋場所で活躍していただきたいところです。

さて前回つぶやいた4月のhottimeでのライブはことのほか盛り上がりまして(対バン2組がうまくて1番目の出番でよかった…)終わった後での会話も楽しませいただきました。ギタリストは足元が気になるもので”このエフェクターは何してるんですか?”やら”(私のCE-1やマクソンのOD808を見て)いくらで買ったんですか?”やらこんな会話になります。すいませんCE-1は今よりかなり安かったですしOD808は学生時代に友達にもらったものです。

先月はカーテンコールのイベントでギターを弾かせていただきました。ドラマーは絶大な信頼をよせるまこっちゃんさん、ベースは以前井上陽水氏カバーの時にお世話になった方と常連サックスさんを迎えChar御大を3曲、女性ボーカルを迎えての2曲をやらせていただいたんですが、1番面白かったのが

色彩のブルース(EGO WRAPPIN')

です。今までやったことがないドンズバ4ビートのジャジーな曲なんですが前述のお2人もジャズをやったことがなくてこの曲だけはリハしたいと。全員同じ気持ちだったようでいつもは流動的に集まる出演者の中で一番早かったのは我々でした。
リハも本番もお客さんからするといい出来だったようで安心しました。ただシンプルすぎるだけにあの雰囲気を出せているのか演奏中も不安で余裕がなかったです正直。”またやりたい!”とボーカルさんに言ってもらえたんで及第点かなと。私もチャレンジしたいです。今度はピアノも加えて6人で!

ちなみに今日はhottime以来Guysのメンバーと会いました。7月にインターナショナルスクールでのライブを控えているのでそろそろ動こうかという事だったんですがボーカルのジョンとキーボードのサージは欠席、指のケガが完治したアランの長男君を加えジョン加入前の懐かしい構成で練習してきました。

ジョン加入は私が歌ってたんですよね。何を歌ってたのかあまり記憶がないのとほぼ2か月ぶりというのもあって暖機運転みたいなダラダラになってしまいました。それでも新しくレパートリーに加えたい曲も数曲やって面白くなりそうだなという感じはつかめたんでよしとしましょう。

最大の問題は…ブログの更新です。ほんとに申し訳ございません。
posted by mgcrazy at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

’17大阪場所千秋楽そしてGuys練習

まずはおめでとうございます稀勢の里関。
13日目の負傷をおしての強行出場で14日目も敗退し今日の照ノ富士関に勝って決定戦に持ち込まないと優勝はない状況だったわけです。

Guysの練習が6時スタートだったんで結びを車で見てたんですが仕切り直しになった時は”終わったな”と思ってしまいました。稀勢の里関が変化を使うのが照ノ富士関にバレたからです。まさか逆の変化をしてまで勝ちにいくとは思いませんでした。横綱が変化を使うことに批判もあるでしょうがあれが唯一の優勝への道をつなぐ方法だったので休場せず千秋楽まで盛り上げた事を賞賛すべきだと思います(向正面の舞の海氏が”こんな大歓声をきいたのはこの10年で初めてです”と言ってました。車内のワンセグは副音声が出なくて久々に舞の海さんの肉声を聞きました)。こうなると決定戦がどうなるかですよね。左右の変化を使ってしまった稀勢の里関がどういう戦略で来るのか、昨日の取り組みで変化を使い批判が多かった照ノ富士関が変化を使う可能性がないわけではないですし。横綱に変化を使われて優勝が遠のいたんですから手段選ばずに勝ちにいっても不思議ではないでしょう。スタジオの駐車場に着いて固唾をのんでいるとアランとロブも到着、”これからプレーオフが始まるから勝負つき次第合流する”と伝えてワンセグにかじりつきます。

お互い正面からぶつかっての勝負になっては照ノ富士関に分があると思いましたがまさかの逆転優勝ですよ。この時点で17時58分とか59分くらいです。優勝インタビューまで見たかったんですが練習なんで切り替えて楽しい音楽の時間です。

4月8日にhottimeでライブをやるんで音をだしながら持ち時間30分埋めるためのリストを作成、リストを決めた後はリスト順に練習して怪しい場所をおさらいして次の曲へ~というタッチで順調に進みました。ボーカルのジョンがGuysに加入する前から参加しているバンドのキーボーディスト、サージ前回から参加してくれて(ディープパープルが好きでソロがかなりかっこいいです)幅が広がっていい感じでした。90分でまとまったんで新しいレパートリーを模索する余裕までありました。来週練習するのかわかりませんが今後がどうなるのが楽しみです。hottimeのリストは決まったんで新曲は次々回のライブ以降での疲労になるでしょう。

アランの長男君次男君は学業が忙しいのか春休みで楽しんでるんか今回のライブは不参加なんで完全オヤジバンドとしてライブをやります。4月8日土曜日、hottimeのホームページを見ても”スタート時間:未定”となっていますが19時くらいのスタートだと思います。hottimeにはあまり出てこないテクニックなしのいいかげんなアマチュアバンドをぜひ堪能していただきたいです。楽器を始めたばかりの皆さんには勇気を与えます。

ちなみについさっき稀勢の里関がニュースに出てました。観戦していた方々のメッセージ(批判的なのはなくて”意地を見せてくれた!というのがほとんどでした。よかった!)を見て”皆さんが喜んでくれたのがうれしい”と話してました。5月場所まで回復して今度こそ白鵬関を交えての4横綱直接対決を期待します。
posted by mgcrazy at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする