2018年07月22日

1年ぶりに・・・

すいませんいつの間にか3か月以上も放置してしまいました。
新大関・栃ノ心関の奮闘ぶりを期待していた名古屋場所は横綱2人と栃ノ心関本人が前半戦で休場してしまいこれはどうなる事やらと思っていましたが御嶽海関が破竹の連勝で盛り上げてくれました。苦手の魁聖に初勝利し12日目で高安関に僅差で負けてしまいましたが14日目で優勝を決めましたね。9月場所こそ3横綱と栃ノ心関にも復活してもらって激戦を見せてもらいたいものです。旭川出身の旭大星関は6勝9敗で負け越しましたが幕内にとどまってくれるのを期待します。

さて本題です。前回のつぶやきでGuysが再始動したわけですがその時点で6月のライブ出演は厳しいことが判明、そうなると目指すはHISのビアフェスティバルでの1年ぶりのライブになるだろうと。ただ練習のスケジュール調整がつかずライブ前に1回しか取れない事に・・・。そうなると新しい曲にチャレンジするわけにもいかずボーカルのジョンに今までのレパートリーから曲を決めてもらいその1回の練習で取り戻す方法をとりました。

そして当日。7月15日(日)のラストアクトです。サウンドチェックで30分以上おしたんですが決めた曲全て(順番忘れましたが)やらせていただきました。

Pride and Joy
Gimme Some Lovin'〜Jailhouse Rock
Sweet Home Chicago
Hard To Handle
Crossroads
Smells Like A Teen Spirit
Highway To Hell

ブルース系の曲はソロの順番も長さも決めておらずジョンの気分次第なんで全曲終わった時点で持ち時間を過ぎてしまってましたし途中でロブのベースの3弦が切れてしまうトラブルもあり(そのまま続けました。3弦なしでCrossroadsを弾いてるロブはかなりカッコよかったです)アンコールは厳しいだろうとそそくさと撤収にかかったんですがお客さんは盛り上がってくれてアンコールくるわけですよ。答えない訳がないですよジョンが。”サウンドチェックで軽くやったこれでいこうぜ”と

Johnny B. Goode

で締めさせていただきました。寛大なHIS関係者の皆さん、PA担当の方々に感謝します。ご近所から苦情が来てなかった事を祈ります。


昨年は土曜と日曜の2回出演で私は仕事の都合で2回目に出られず、まさかこの後ロブが一時脱退すると思ってなかったんでしこりが残っていたんですがGuysは本番に強くて質よりノリのバンドであることは変わらずやってる方もスリリングで楽しいです。弦を切るくらい気合い十分だったロブも”秋にどっかでライブやれるところ探そう”と言ってました。夏休みに実家から戻った後なんで結局また練習時間が少なそうです・・・。

来年には新しいレパートリー披露できるように頑張ります。





posted by mgcrazy at 23:19| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

Guys再起動

ジャズバンドのギターに集中したいのでバンドを抜けるよ

昨年の夏にインターナショナルスクールでライブをやった後にベースのロブが発言して以来Guysは代わりのベースを探すことなく活動停止状態にありました。ギタリストが3人いたんで私がベースにスイッチしてもいいよと発言してもリアクションなしのまま月日が流れて約8か月、先月に”またロックしようぜ”とロブが言ってくれたんで(心境の変化に対して何も聞いてません。私が集まってGuys音楽できればそれでいいんで)早速スタジオ入ろうよとなりさっきまで一緒でした。アランの長男君は学業で忙しく欠席、キーボードのサージはお子さんが生まれて実家に帰っているそうで同じく欠席で5人での再会を喜びつつ以前の曲を思い出しながらやっていきました。

スタジオ練習に向けての個人練習をするような真面目なメンバーはGuysにいません。顔を合わせたとたんに
”指動くか心配だなー”やら”ベース持つの久しぶりだな”やら”1時間でウォームアップして残り1時間が練習だな”と真剣に音楽やってる皆さんには申し訳ないんですが再会がメインですから勘弁してください。

楽器の準備とチューニングが終わって各々音を鳴らして時にボーカルのジョンが歌詞のクリアブックを広げてたんですが開いたページが”Gimme some lovin'”だったんで私がイントロを弾き始めたはいいものの、この曲はキーボードないとしまらないのをすっかり忘れてましてサージ加入前に私が弾いてたフレーズを咄嗟にやって(間違えたんですが)そのまま終わりまで続けてみましたが全員エンディングをどうしてたか忘れてドラムのアランがいい感じで終わらせてくれました。そのエンディングがどうだったかも今忘れてます。それでも悲壮感は全くなく、全員笑って”どう終わらせてたっけ?”で済むのがGuysです。私の選曲が悪かったですね正直。なので”これはみんな覚えてるよ”と私が次に始めたのは”Highway to hell”です。
ジョンは”Off course!”と言って笑ってくれました。残りのメンバーも全く問題なくエンディングまで駆け抜けました。その後順番は忘れましたが
Pride and joy
China grove
I saw her standing there
travelin' band 〜 Long tall Sally
Smells like a teen spirit
Crossroads
Smoke on the water
くらいだったかなあを思い出しながらもどの曲も途中で止まることなくやってきました。あとジョンが”ちょいと出るからこれやったら?”と言ってくれたんで”Badge”もやりました。数年ぶりでしたけど私のソロがボロボロだったくらいで昔のGuysアレンジで最後まで通せました。8か月会ってなくても集まりゃ音はですものですねクオリティはさておき。
ちなみに今回はひさびさにエスクワイアを持ち出したんですけどコイツには052-010というカスタムゲージの太い弦を張ってます。最近は毎日ギターを触ってない上にそのギターがエスクワイアとは限らないので2時間スタジオでぶっ続けで弾くと指が痛くて大変でした。完全衰えてすまずい!ピックアップもリアのみですからトーンをいじる以外で変化をつけるのにソロの途中でネックの付け根あたりでピッキングしたりと工夫したんですがそれよりも左手がおぼつかなくてトーン以前のそもそもがなってなかったです。次回の練習までレパートリーをおさらいしないといかんですねエスクワイアで弾けるように。

ライブの予定が未定ですから2週間に1回くらいスタジオ入ろうか?みたいな話がでたんで単なる再会ではなくコンスタントに続きそうです。数少ないGuysファンの皆さんお待たせいたしましたライブの予定が決まり次第お知らせします。世の中のアマチュアロックバンド初心者に勇気を与え、真剣なバンドの皆さんには不快感を与えかねない(見てて仲の良さは伝わると思いますアイコンタクトがGuysの得意技ですから)Those Guys復活します!
posted by mgcrazy at 23:40| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

ご無沙汰しております

もう2018年も2月になってしまいました。サボりすぎましたすみません。
更新ない間も読んでいただいたみなさんありがとうございます。

今日の有賀さつきさんの訃報に驚きました。私の青春時代のフジテレビは女性アナウンサーの皆さんが
大人気で有賀さん八木さん河野さんの同期入社3人はそのパイオニアだったような記憶があります。
ご冥福をお祈りいたします。

さてどこからつぶやこうかなあ。音楽活動から行きましょうか。
Guysは夏のインターナショナルスクールでのライブ以降、ベースのロブが”ジャズギターに集中したい”とバンドを去り練習をしておりません。彼がいてこそのGuysなんですよね。そのうち”ロックしたくなってきた!”という日を待ってリユニオンを期待するしかなさそうですね。メンバーが集まれば音は出るでしょう。
そんな中でカーテンコールやhottimeから声がかかるのはありがたくてイベントやらセッションやら都合の合うときに参加させてもらっています。
カーテンコールのクリスマスパーティではボウイの”Dreamin”でギター、Mr.Childrenの”HANABI”でベースとコーラスを担当、広瀬香美さんの”ロマンスの神様”のベースは引き受けたものかなり厳しかったです。
18日のフォークジャンボリーではChar氏のカバー数曲と以前やったegowrappin'の”色彩のブルース”をやるのは今のところ決まっていますがその他の指令がマスターからまだきておりません。2週間ないんでそろそろ課題曲を教えてもらえないかなあ。
あとhottimeでは先月Led Zeppelin縛りセッションに参加しまして私はギターで(今回はゴールドトップの54年レプリカレスポールで勝負しました!)

Immigrant song
Good times and bad times
Since I've been loving you

をやりました。気持ちよかったですねー。”Immigrant〜”と”Good times〜”では8歳の天才少女ドラマーと共演したんですがスタジオバージョンのほぼ完コピでしてツインペダルでバスドラバリバリ、カウベルまで用意してくれて正直”Good times〜”だけのためにテレキャスターを持ってくるべきでした。
音楽活動はこんな近況ですね。

3月に車検を控えた愛車MR2は年末に雨漏り修理、リップスポイラーの塗装及び交換を依頼して最近は傷をつけたくないので必要最低限の使用にとどめていたところ正月早々バッテリーが上がりました。1年半くらい前にも上がってJAF隊員さんに神対応をしていただいたんですが今回もそれに勝るとも劣らない対応で即時復旧、さすがに2回目のバッテリー上がりですからカーショップ直行してバッテリー交換実施しました。前回の車検時にはステアリングラックマウントブーツが破れてて準備していたストックを使用したハズです。今回はドライブシャフトブーツ持参で臨みます。雨漏りは完全になくなりました。経年劣化だったと思うことにします。

そんなこんなで健在ですよ。3月の大阪場所で何が起きるのか、2場所連続平幕優勝を許すわけにはいかないでしょう上位陣の皆さん。ただ栃ノ心関のつり出しは把瑠都関を思い出させるパワフルぶりでしたね。上位陣を苦しめて騒がれている不祥事なんか吹き飛ばしていただきたい限りです。
その前にすぐオリンピックですよね。華やかな競技もいいんですがめったに見られないボブスレーやらクロスカントリーやらをじっくり見るのも楽しみです。

posted by mgcrazy at 23:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

想定外の・・・

九州場所を終えた大相撲は白鵬関の40回目の優勝という快挙を手放しで喜んではいられない状況になっていますね。4人横綱時代が1年もたたずに、しかも4人が15日間フル出場することもなく終わってしまったのが残念です。何が真実なのかはわかりませんがスポーツとしての相撲をファンとして応援し続けていきます。

さて本題です。
ある雨の日に愛車に乗り込んだところ、どう考えても濡れるはずのないハンドルの真ん中下部分だけが濡れているんですよ。乗り込んだ瞬間に横風が吹いたとしたら右側全体が濡れるハズだしこれはなんだと。
濡れている場所の直線上、フロント窓のガラスとゴムの合わせ目を指で触ると水気を感じるわけですよ。外から見た感じでは雨水が侵入してくるような状態ではないし原因はさっぱりわかりません。
とりあえずその日の用事を終わらせてその足で全塗装でお世話になった工場へ向かい事情を説明すると

そうですかー来ましたかー。長い間乗ってるとボディが歪んだり接着剤が硬化したりで雨漏りすることがあるんですよ。全塗装の時にはフロントガラスを外してないんでその時のミスはないですね。

と。これは想定外でした。ミッション、足回りを改善してしばらくはいけると思ってたんですが甘かったです。ただ修理をするのに窓を外して再接着、必要であればパッキン交換をしても4万円くらいでいけると思うとの事なので入院させることにしました。
実は夏にリップスポイラーを購入してまして(ただし赤は在庫なしのため白を入手、塗装してもらえばなんとかなるので)この塗装&交換も一緒にやってもらおうとスポイラーも預けてきました。
全塗装後にアンダーカバー外れがあった時に取り付け部分がボロボロでしたしいつぶつけたかわからないヒビも発生しててタッチアップしたものの、全塗装してるもんですから色が合わなかったんですよね。雪がとけてからのスポイラー交換を考えてたんですがこの雨漏りが虫の知らせかなと考えまとめてやってもらう事にして余った塗料をタッチアップ用に譲ってもらう約束もしました。3月の車検でとんでもないトラブルが見つからないのを祈ってまだまだ乗り続けます。

あ、今回写真を載せてないんですが(雨漏り写真はないです動揺してたんで)スポイラーに関しては退院後にまとめて紹介させていただきます。

11月末とは思えない寒さが続きますがいつかは訪れる春を待って快適なドライブを想像しときます。前向きに行きましょう。
ラベル: MR2 SW20 雨漏り
posted by mgcrazy at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

カーテンコールのハロウィンパーティ参加

もう10月も末になりまして雪がちらつく季節になってしまいました。昨日の13時30くらいは結構暖かかったんですが今日は異常に寒いです。

さて本題です。昨日は楽しませていただきました。
昼12時からリハを始めると聞いていたのですが目覚ましが聞こえず起きると12時半過ぎ・・・。木金と神奈川出張で歩き疲れたのが効いたのか(金曜日は住所を間違えてパソコン背負って50分ほど歩きまくりました)土曜も日曜も全く目覚ましが聞こえませんでした。この疲労蓄積状態で今回はギター2本持ってカーテンコールまでえっちらおっちら地下鉄の駅から歩きましたよ(帰りはタクシー使いましたが)。変装道具をそろえるのはきついんで(ギター2本もってさらに衣装とかやってられませんすいません)せめてギターだけでも曲で変えようかなと。ムスタングとテレキャスターを持ち込んだんです。

ムスタングはchar氏の曲をやるので欠かせないと。なぜテレキャスターなんだと。
BOOWYの曲を1曲頼まれたからなんですよいつもcharコピーでドラムをやっていただいているスーパードラマー・まこっちゃんさんに。しかもメインボーカルでドラムは違う方に頼むという入れ込み具合ですから断る理由はありません。そのほかカーテンのマスターに頼まれた数曲もテレキャスターの方がよさげのがありましたし2本使い分けてみようかと。ただ少しでも軽くしたくてシンラインにしました。シングルコイルのシンラインなんであまり音は変わりませんから勘弁してください。

18時ちょいすぎからパーティが始まって(リハ時間6時間てすごいですよね)9歳の天才少年ボーカルが登場したり(お父さんのギターをバックに変声期を迎えていない声でフィンガー5の”恋のダイヤル7600”を熱唱してました。ずるい!でも素晴らしかったです)18歳のギタリストがデビューを飾ったりの中、私がバックで弾かせていただいたのは

ハリケーン
め組のひと(以上ラッツ&スター)
学園天国(小泉今日子バージョン)
恋の季節(”来いよ施設へ”という替え歌に変わってました)
ONLY YOU(BOOWY)

charセットが最後の出番でそれまでに弾いたのは以上だったと思います。
”学園天国”以外はシンラインを使いました。ラッツ&スターはボーカル4名が顔を黒く塗ってドレスシャツにボウタイのいでたちで振り付けまで本番直前まで練習してのこだわりぶりで、正直バックで弾いてるより観客として見たかったですね。でも終わったあとボーカルチームに感謝されたのは嬉しかったです。次回は街角トワイライトやりましょうか?
”ONLY YOU”はまこっちゃんさんの希望でライブバージョンではなくスタジオバージョンでやったんですが約30年ぶりにコピーしたBOOWYは新鮮でした。中学生時代の私はエフェクターなんか持ってませんし腕がないんで歪ませてごまかすしか術がありませんでしたがコーラスとオーバードライブでそれなりの雰囲気は出せる機材もありますしソロをタブ譜見ながらコピーしなくてもアドリブでなんとかできる経験も身につけた40半ばのオッサンになりましたんでドラマーさん、ベーシストさん(charセットもやっていただきありがとうございます)と楽しんでやらせていただきました。まこっちゃんさんが”このメンバーでBOOWYバンドやろうよ”と言いだしましてどうなる事やら今後が楽しみです。

今回のcharセットはキーボードに凄腕シンガーピアニストを迎えて

逆光線
からまわり
SMOKY

と最近定番曲と化した(というか皆さん頼まれる曲が多くてほかの曲に手をつけられません)3曲にくわえ4曲目に女性ボーカルさん(以前色彩のブルースでご一緒した方です)を加え

Joy To The World(スモーキーメディスンバージョン)

さらにダンサーチームを加えて

ダンシングヒーロー(荻野目洋子)

をやりました。こちらのダンスもかなり気合入ってましてニセ荻野目洋子さんが大量発生しました。これも観客したかったです。原曲でギターがあまり聞こえなくて正直あまり練習せず歌詞にコード書いてガン見してました。誰か知り合いがFacebookに動画UPしてるか確認しないと。カメラ忘れて写真も撮ってませんすんません。
自分の演奏がどうだったかはあえて気にせずこれからもっと練習します。次回のイベントうんぬんより普段ギターをもっと触らんといかんですね。

あ、ちなみにTOEICの結果が来まして835点。例年通りというか予想通りリーディングのスコアがイマイチです。宣言通り来年に向けて1984にするか話題のカズオイシグロ氏の作品にするかどうしようかなあ。
posted by mgcrazy at 23:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする